路傍の花 その11

  • カテゴリ:
  • コメント:22件
  • トラックバック:0件
路傍の花、今回は10月から12月の間に撮った写真からの抜粋です。

tokiwamansaku-470.jpg
これは、幹線道路の脇に植えられていた、トキワマンサク
基本的には花の付くのは4~5月なんですけど、調べてみると結構へんな時期に咲くみたいです(^^;)
今は黄色いマンサクが満開ですね。

pepahowaito-470.jpg
こちらは新宿御苑で沢山咲いていた、ペーパーホワイト。水仙の園芸品種でしょうか。
真ん中の黄色い日本スイセンより先に咲き始めます。

yatsude-400.jpg

こちらは民家の軒先でも良く目にする、ヤツデ(八手)の花。
大きい葉っぱが存在感ありますが、花も変わっていて、1つの花が雄花から雌花に変化する両性花というのがあるそうです。

kinmokusei-470.jpg
最後は、公園で甘い香りを放っていた、キンモクセイ(金木犀)です。
金があるなら銀もあるかなと思いましたら、やっぱりありました、ギンモクセイ(銀木犀) 。こちらは白い花が咲きます。

次回予告:夢の島熱帯植物館のウナズキヒメフヨウ

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。