赤塚植物園のコウヤボウキ

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:21件
  • トラックバック:0件
前回は練馬区の植物園でしたが、今回は板橋区の赤塚植物園のご紹介です。
といっても花しか撮っていないのですが(^^;)

tsuwabuki-s.jpg
まずは、竹とツワブキ(石蕗)のコラボレーション。
ツワブキは日本庭園にはよく合いますね。
名前の由来は、フキに似た形の艶のある葉で、ツヤハフキ(艶葉蕗)、から来ているそうです。

kouyabouki-s.jpg
これが今回のお題のコウヤボウキ(高野箒)です。
高野山でこの枝を束ねて箒にしたのでコウヤボウキとか。
これもツワブキと同じキク科です。

yomena-s.jpg
秋の野菊の代表、ヨメナ(嫁菜)です。
薄紫のはなびらが清楚できれいですね。

ashitaba-s.jpg
小さい花が沢山咲いています。アシタバ(明日葉)です。
今日葉を摘んでも明日には新芽を出すほどに、生命力が強いとか。

siramontana-s.jpg
最後のこの花は、実は植物園ではなく、帰り道の花壇で見つけました。
名前は、トラディスカンティア・シラモンタナ、ムラサキツユクサの園芸品種のようです。
白い毛で葉が覆われてます。
冬は暖かそうですね(^.^)

次回予告:川口グリーンセンターの皇帝ダリア

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。