木場公園の秋の花たち

  • カテゴリ:公園
  • コメント:14件
  • トラックバック:0件
東京都江東区にある木場公園には、ガーデニング広場や帰化植物見本園などがある、都市緑化植物園があります。
今回はここで10月に撮った花たちです。

kureome-s.jpg
まずは、クレオメ、和名は西洋風蝶草です。
長く突き出た雄しべが特徴ですね。

nogeitou-s.jpg
これは、ノゲイトウ(野鶏頭)。下から咲き上がります。
インド生まれですが、日本でも西日本から南で帰化しているそうです。
ろうそくみたいに見えますね。

marubarukousou-s.jpg
次は、ヒルガオ科のマルバルコウソウ(丸葉縷紅草)
「縷」は糸という意味で、よく似たルコウソウ(縷紅草)が葉が糸のように細いのです。
そしてこの花の葉は丸いので、マルバルコウソウ。

kobukuzakura-s.jpg
この木の花は、コブクザクラ(子福桜)です。
沢山の実をつけるので、子福桜だそうです。春と秋の年2回開花します。

houkigusa-s.jpg
さて最後は、全身ピンク色のホウキグサ(箒草)
これは紅葉した状態で、最初は普通に緑色です。もう全体が花みたいですね。
昔は本当に箒として使っていたそうです。

次回予告:今度は本当に、綺麗な葉っぱ特集
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。