神代植物公園のパンパスグラス

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:12件
  • トラックバック:0件
光陰矢のごとし、あっと言う間に今年最後の更新となりました。
今年1年、このブログを見ていただいてありがとうございました。

さて、神代植物公園は、東京都調布市にあって、4,500種類の四季折々の植物を見ることができます。
近くには深大寺そばで有名な深大寺もあって、観光スポットになっています。

まずは、以前旬の花でもご紹介した、ゲンノショウコ(現の証拠)
変わった名前ですが、昔から下痢止めとして使われていて、飲むとたちどころに効果があったからだとか。

panpasu-s.jpg
はい、この毛むくじゃらの怪物みたいなのが、パンパスグラスです。
スター・ウォーズにこんな感じの出てきませんでしたっけ(^^)
南米大陸の草原をパンパスと言って、そこに大群生しているとか。

hiyodori-s.jpg
これは最初フジバカマかと思ったのですが、よく調べたら、ヒヨドリバナ(鵯花)でした。
ヒヨドリが鳴く頃開花するのでヒヨドリバナです。

waremokou-s.jpg
お次は、ワレモコウ(吾亦紅)です。
一説によりますと、この花はなに色だろうかとの論議のさなか、どこからか「いや、私は断じて紅ですよ」と言うのが聞こえ、「花が自分で言っているのだから間違いない」、つまり「私は赤です」、それが吾亦紅となったとか。(ウィキペディアより)

kitsurifune-s.jpg
ツリフネソウ科のキツリフネ(黄釣船)
奥にバッタ君もいますね。
よく似たツリフネソウは赤紫色をしています。


tamanokan-s.jpg
今回は今年最後なのでもう一枚、カリガネソウ(雁草)です。
別名、ホカケソウ(帆掛草)。
虫が留まると、花が首をもたげて虫の背中に花粉を付ける仕掛けになっているそうです。なるほどそれでこんな形なんですね。

さて来年は景気回復するといいですね。
それでは皆さん、よいお年をお迎えください。

次回予告:神代植物公園のイエライシャン
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。