向島百花園のセンニンソウ

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件
東京都墨田区にある向島百花園は、江戸時代に骨とう商を営んでいた佐原鞠塢という人が作った民営の花園が母体になっています。
小石川後楽園や六義園などの大名庭園とはちょっと違った、庶民的な趣があります。
沢山の花を撮りましたので、2回に分けてUPします。

hebiuri-s.jpg
まず目に飛び込んできたのが、このヘビウリ
くねくねした果実がまさにヘビです。
見た目通り、味はよくないので観賞用だそうです。

senninnsou-s.jpg
ヘビときたら次はトカゲですね・・・(^.^)
このトカゲの赤ちゃんが乗ってるのはセンニンソウです。
これは花ですが、実が熟すと羽毛状のひげが四方に広がって、仙人の頭のようになるので仙人草だとか。

tougougiku-s.jpg
これはトウゴウギクという、オオハンゴウソウの仲間です。
萩のトンネルの入り口で沢山咲いていました。

niwafuji-s.jpg
次はニワフジ、別名イワフジともいいます。
庭園のほか、温かい地域の川岸に自生するそうです。

oiransou-s.jpg
1回目のラストは、オイランソウ(花魁草)です。
むかし花魁が つけていた、おしろいの香りに似た香りががするそうです。
撮った時知っていれば嗅いでみたんですけどね。

次回予告:向島百花園のレンゲショウマ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。