路傍の花 その9 道路沿いのガガイモ

  • カテゴリ:
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件
今回の路傍の花は、自宅近辺の道路沿いで見つけた花たちです。
例によって季節感はずれてますが、あしからず(^^;)

kufea-s.jpg
まずはメキシコハナヤナギです。
ミソハギ科で、温かければ、かわいい花が1年中咲くそうです。

gettou-s.jpg
次はショウガ科のゲットウ(月桃)
日本では主に沖縄から九州南部の花ですが、近くの学校(東京)の沿道に植えられています。

gagaimo-s.jpg
さてお題のガガイモはこれです。
古名をカガミまたはカガミグサといって、夏の季語になっているそうです。
小さいですが印象的な花ですね。

ooketade-s.jpg
これはオオケタデ
帰化植物で、もともとは観賞用として植えられたものが野生化したそうです。
近くの幹線道路の植え込みに1本だけあったのですが、しばらくして行ったらもう刈られてしまっていました。

kohirugao-s.jpg
最後は、コヒルガオです。
ヒルガオとの違いは、耳の様にとんがった葉の形と、花の根元にあるギザギザです。

次回予告:向島百花園のセンニンソウ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。