ふれあい植物センターのグロッパ!

渋谷の駅から徒歩10分の所に、熱帯植物や季節の花、蛍なんかも見られる、渋谷区ふれあい植物センターがあります。
沢山の花の写真を撮りましたので、久々に2回に分けてお送りします。

chukinren-s.jpg
建物の外の花壇でひときわ目立っていたのが、このチュウキンレン(地湧金蓮)です。
1枚1枚、大きな花びら?が倒れていって、最後はどうなるんでしょう?

guroppa-s.jpg
さてこれが今回のお題、別名”シャムの舞姫” グロッパです。
グロッパとはインドネシアの島の俗名だそうです。
なんとも面白い形ですが、いったいどこからどこまでが花なんでしょう?

ogawa-s.jpg
中にはこんな小川が流れています。


teikinzakura-s.jpg
さて次は、テイキンザクラ(提琴桜)
提琴はバイオリンのことで、葉っぱの形が似ているかららしいです。

furinbussou-s.jpg
前半の最後は、フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)です。
アオイ科のフヨウ属、ハイビスカスと同じですね。
これは見るからに風鈴そっくりですね。

次回予告:ふれあい植物センターのミッキーマウスの木
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。