神田川沿道の花・蟷螂の影

  • カテゴリ:
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件
家の近くには、井の頭公園を源とする神田川が流れています。
街中なので水際まで降りることはできませんが、沿道には沢山の植物が植えられていて、散歩するのが楽しいです。

hiougi-1-s.jpg

まずは、ヒオウギ(檜扇)、北斗の拳とかの”秘奥義”ではありません(^^;)
葉が扇状に出るのでこの名前だそうです。

kamakiri-1-s.jpg

さてお題のカマキリ、花の蜜を取りに来た蜂を狙っております。

kamakiri-2-s.jpg

こう見ると、カマキリって頭が小さいですね。
ちなみに花はキバナコスモスですよね。
残念ながら、獲物を捕るまで待っていられませんでした(^^;)というより私がいると狩の邪魔ですね。

mukuge-s.jpg

これは八重咲きのムクゲだと思います。
ムクゲは本当に沢山の種類があります。

housenka-1-s.jpg

本日の最後は、ホウセンカ(鳳仙花)。
よく成熟した実をつまんで、種子をはじき飛ばして遊んだ方もいらっしゃるでしょう。
(私は残念ながら知らなかったです)

次回予告:日比谷公園の巨大?ひまわり
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。