旧岩崎邸庭園のアカンサス

上野不忍池の近くに、明治29年に建設された洋館、旧岩崎家本邸があります。
この洋館に結合された、完成当時550坪もあった和館も、その一部が残されています。

shoumen-s.jpg
洋館北側の外観です。
シュロの木が異国情緒を醸し出していますね。

akansasu-2s.jpg
さてこれがアカンサスの花です。
おや、花の中にカエルみたいなのがいます・・・(∵)
地中海沿岸の生まれで、ギリシャの国花だそうです。

akansasu-3s.jpg
全体を見てください、背が高いですね、2mくらいあります。
風でユラユラして撮りにくいったら。

doa-s.jpg
庭の方に行ってみます。
洋館の南側の扉ですが、様式美が美しいです。

mokkoku-1s.jpg
和館の前にモッコクの大木がありまして、これはその花です。とても良い香りがします。
つぼみが握りこぶしみたいで面白いですね。

オニユリ-2s
最後は、道路の脇に生えていたコオニユリです。
オニユリかコオニユリか悩んだのですが、ムカゴが付いてないのでコオニユリでしょう、多分・・・・(^^;)

次回予告:路傍の花 その7
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。