武蔵野の森は目黒にあった

  • カテゴリ:公園
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件
山手線目黒駅から歩いて10分、中に入れば400年前の武蔵野の森にタイムスリップ・・・
なんていうのはオーバーですが、自然教育園には手付かずの森が残されています。

道s
ここは奥の方にある”森の小道”。
やぶ蚊もそのまま残されておりました。撮影中は動けないのでもう生贄状態です(T_T)

ハグロソウs
これはハグロソウといいます。
葉っぱが黒っぽい緑色をしてますね。

アサザ-s
この黄色い花は、アサザ
よく見るととても繊細な形をした花ですね。
環境省の絶滅危惧種に指定されています。

トンボs
はい、たまにはトンボなんかもいいのでは、おなじみシオカラトンボです。
このトンボのメスがムギワラトンボなんですね、知りませんでした。
ここでは他にも赤トンボやオニヤンマも見られるようです。

山百合s
最後は、日本の花の代表格、ヤマユリです。
発芽から開花までに少なくとも5年以上かかるそうです。
なるほど、そう思って見ると花にありがたみが湧いてきますね。

次回予告:自然教育園の水辺の花
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。