初夏の雑草・ツユクサ4兄弟

  • カテゴリ:
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件
古くは「月草」と言われていた、ツユクサ
世界中に広く分布している雑草です。
今回はこのツユクサ科の4つの花の写真です。

tsuyukusa-1s.jpg
まずは長男、青い花弁が爽やかな、長男ツユクサ君。
蛍草(ほたるぐさ)や帽子花(ぼうしばな)なんて別名もあります。

tokiwa-1s.jpg

次に次男、トキワツユクサ君。
昭和初期に南アメリカから持ちこまれて、あちこちで野生化しています。
東京の井の頭公園ではかなりの範囲に群生していました。

murasaki-2s.jpg
ここからは園芸品種になります。
3女はムラサキツユクサさん。
花の中にたくさんの毛が生えていて、細胞を観察する材料になるそうです。

murasakigoten-s.jpg
末っ子は一番の個性派、ムラサキゴテン(紫御殿)
葉全体が紫色です。花壇でも肉厚で存在感がありますね。

次回予告:小石川後楽園のハナショウブ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。