小石川植物園のユリノキの花

小石川植物園の2回目は、日本庭園にやってきました。
徳川5代将軍綱吉の幼少時の居邸、白山御殿の庭園です。

teienn-1s.jpg
このあたりには、梅林やハナショウブ園があります。
ハナショウブは小石川後楽園の記事のときに取り上げる予定です。

mizugiwa-2a.jpg
この白い花はなんでしょう?
どうも昔し見たような懐かしい感じがするのですが思い出せません。
よく見ると真ん丸い実が生ってます。
{コメントで「庭石菖」と分かりました。ささめさんありがとうございます}

hetukanigaki-1s.jpg

この木はヘツカニガキ(辺塚苦木)といって、九州大隈半島の辺塚で発見されました。
本州では自生していません。
この木肌、独特で山水画っぽいと思いませんか?
近くで見ると蛇のうろこみたいですが。

yurinoki-1s.jpg
さて最後になりましたが、これがユリノキの花です。
別名チューリップツリーと言われるように、チューリップに似てますね。
とても高いところに咲いてるので、こんな写真しか撮れませんでした。
次回も小石川植物園からお送りします。

次回予告:小石川植物園の薬草の花
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。