カルミアの咲く、殿ヶ谷戸庭園

東京都国分寺駅から徒歩3分の所にある殿ヶ谷戸庭園は、大正4年に造られました。
武蔵野台地の自然植生が良好に保存されていて、昔から自生していた野草や昆虫がたくさん見られます。
以上、パンフレットより・・・という訳で、まずは庭園らしい写真から。

ike-1s.jpg
なるほど有力者の別邸という感じです。
ここは昭和49年に東京都が買収するまで岩崎氏の別邸でした。

karumia-1s.jpg
今回のお題のカルミアです。
花の開いた形も独特ですが、つぼみがまたアポロチョコみたいで美味し・・じゃなくて可愛いですね。

karumia-2s.jpg
今回はもう一枚カルミアで。
次回も殿ヶ谷戸庭園の続きです。

次回予告:幻想の?殿ヶ谷戸庭園
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。