とんがった花 特集

  • カテゴリ:
  • コメント:10件
  • トラックバック:0件
暖かくなったり寒くなったりで、いよいよ春の足音が聞こえてくるようですが、それとは関係なく、今回は、とんがった花を幾つか集めてみました(^_^;)

soranamu-wend-1-470.jpg
[クリックすると、数種類の解像度でダウンロードできます]

まずは、ソラナム・ウェンドランディー
中央アメリカ原産のナス科の花です。
蕊が上を向いてとんがってますね、まああまり痛そうではありませんが。

buru-kometto-1301-400.jpg

こちらは下を向いてとんがってます、プラティテカ・ガリオイデス、別名はブルーコメットです。
オーストラリア原産で、ホルトノキ科の常緑樹です。

shumaaoisoi-1301-400.jpg

これはもう花そのものが棒になってますね、ペペロミアの仲間の、シマアオイソウです。
ブラジル原産の観葉植物です。
うちのペペロミアも、やっぱりこんな花が今咲いています。
これも触っても大丈夫そうです。

hanakirin-1301-470.jpg

さて最後は、花ではなく茎のとげが半端なくとんがっている、ハナキリン(花麒麟)です。
これに触ったら、かなり痛そうです、薔薇の比ではありません(^_^;)
でも花は可愛いですね。
よく見ると、花弁(苞)の先もほんのちょっととんがってますよ(^^)
マダガスカル原産のトウダイグサ科の植物です。

スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。