反り返る花 ヤマホトトギス

  • カテゴリ:
  • コメント:47件
  • トラックバック:0件
ヒメヒマワリ-1101-400
〔 クリックすると、壁紙用に数種類のサイズでダウンロードできます 〕

いきなり季節が戻ったかのような写真ですが、これはヒメヒマワリ(姫向日葵)、初秋まで咲く北アメリカ原産の花です。
こういうビタミンたっぷりな花を見ると、何となく元気になれますね。
今回は、一月ほど時期を戻しての写真です。(新しい写真があまり無くて・・・(^_^;))

ミズヒキ-1101-400

こちらはミズヒキ(水引)、その名前のとおり、花の色が紅白はっきりと上下で分かれてますね。
割とよく見かける花ですが、沖縄では絶滅危惧IA類に指定されています。

ヤマホトトギス-1101-400

今回のお題の、ヤマホトトギス(山杜鵑草)
強く下に反り返った花被片が特徴の、ユリ科の花です。
斑点が鳥のホトトギスのものに似ているのが名前の由来とか。

タマスダレ-1101-400

最後はタマスダレ(玉簾)、ヒガンバナ科の植物です。
背は小さいですが、凛とした花はとても美しいですね。
雨が降った翌日に咲きやすいので、レインリリーなんていう別名があるみたいです。
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。