ミジンコを食べる花 オオバナイトタヌキモ

  • カテゴリ:
  • コメント:26件
  • トラックバック:0件
あっという間に夏が過ぎ、はや彼岸花の咲く季節になりました。
9月は殆んど撮影できませんでしたが、今回は上旬に薬用植物園で撮った写真を幾つかUPいたします。

オオバナイトタヌキモ-1101-480
〔 クリックすると、壁紙用に数種類のサイズでダウンロードできます 〕

この可愛い黄色い花は、オオバナイトタヌキモ(大花糸狸藻)です。
ウサギゴケやミミカキグサと同じ、タヌキモ科タヌキモ属の食虫植物です。

オオバナイトタヌキモ-1102-400

可愛いのでもう一枚です(^_^;)
大好物は水中のミジンコです。
この花は外来種だそうで、日本にはもっと花の小さい、イトタヌキモという在来種があります。

エビスグサ-1101-480

こちらはジャケツイバラ科センナ属の、エビスグサ(夷草)
この花の種は、ケツメイシ(決明子)という生薬になるそうです。
そんな名前の歌手グループがありますけど、ここから名前をとったらしいです。

シオン-1101-400

キク科の可憐な花、シオン(紫苑)です。
草丈2m近くにもなる背の高い花です。
自生しているのは少なくて、絶滅危惧II類になっています。

チョウマメ-1101-480

目の覚めるようなブルーが美しい、チョウマメ(蝶豆)です。
インド、東南アジア原産で、英名がbutterfly peaなので蝶豆の和名になったとか。
白い花もあるようです。

1票よろしくお願いいたします
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。