いつでもベゴニア

  • カテゴリ:
  • コメント:30件
  • トラックバック:0件
7月に入り、今年も半分過ぎてしまいました。
時間の経つのが年々早く感じます。
今回は神代植物公園の温室内にあるベゴニア室の花たちです。
いつ行っても咲いてるので、タイトルはいつでもベゴニアなのでした(^_^;)

begonia-1002-470.jpg
ベゴニアは、シュウカイドウ科シュウカイドウ属に属する植物の総称です。
日本にも自生するシュウカイドウは、江戸時代に持ち込まれた帰化植物です。
今回の写真は全部、品種名は分かりません、ごめんなさい(^_^;)

begonia-1001-470.jpg
シュウカイドウに似ているものからこんなに大きい物まで、大きさも色も多彩です。

begonia-1006-470.jpg
木立性、根茎性、球根性、球根など、原種が多いので交配も無限にできるそうです。

begonia-1007-470.jpg
ベゴニアの名前は、アンティル諸島の総督だったミシェル・ベゴンさんに由来するとか。

begonia-1005-370.jpg
家にも黄色いベゴニアが一鉢あるのですが、家の中に置いていたら枯れそうになりました。
それで外に出したら、今までの茎は全部ダメになりましたが、下から新しい葉っぱが出てきました。
やっぱりちゃんと日光に当てないとダメですよね。

begonia-1004-470.jpg
水を張った大きい鉢に、花が沢山浮かんでいました。

次回の花:コメツブツメクサとオオチドメ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。