小石川植物園のハランとキンギンソウ

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件
今回もお知らせからなのですが、Flickr に毎日1枚づつUPしているIPhone用の壁紙が200枚を超えました。
ブログや旬の花時計と同じ写真もあるのですが、携帯でも使えなくは無いかな(^_^;)と思いますので、見てみてくださいませ。
http://www.flickr.com/photos/40595990@N06/

さて今回は、小石川植物園で撮りました春の花特集です。

hozakinoikarisou-1004-470.jpg
いきなりクラゲ型宇宙人の襲来?みたいな写真ですが、これはホザキノイカリソウ(穂咲の錨草)といいます。
イカリソウより2回りほど小さい花で、インヨウカクという漢方薬に用いられます。

amana-1004-470.jpg
こちらはユリ科のオオアマナ(大甘菜)
明治時代に帰化したヨーロッパ生まれの花です。
小石川植物園では、良く似たハナニラとオーバーラップするように咲き始めます。
なおアマナも標本園のあちこちで咲いていました。

haran-1004b-470.jpg
さてこちらがお題のハラン(葉蘭)です、よく公園で目にしますね。
でも花は一体どこに咲いているのかといいますと、

haran-1004-470.jpg
根元の地面すれすれに咲いていて、覗き込んで葉っぱをどかさないと、とても見えません(^_^;)
お弁当に入っている緑のプラスチックのペラペラをバランと言いますが、本来はこのハランの葉を使っていたそうです。

kinginsou-1004-370.jpg
この日は温室の一部が入館可能でしたので入ってみました。
そこで出会ったのがこのキンギンソウ(金銀草)です。
沖縄などの南の島に自生するランで、花の色が白から黄色に変化していくことから金銀草の名前になったとか。

shimazakura-1004-470.jpg
もう一つ温室の花ですが、準絶滅危惧種のシマザクラ(島桜)です。
桜といってもバラ科ではなく、アカネ科フタバムグラ属 です。
小笠原諸島固有の植物です。
小笠原には固有の植物が多いので、いつかは行ってみたいです。

次回予告:ツタバウンランと春の雑草
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。