新宿御苑のハナモモとセリバヒエンソウ

  • カテゴリ:公園
  • コメント:20件
  • トラックバック:0件
今回はまずはお知らせから。
5月7日から30日まで、九州の別府にてオンパク(別府八湯温泉泊覧会)が開かれます。
この体験プログラムに、いつもお世話になっているしのちゃん英国式紅茶の体験教室を開きます。
4月15日から予約受付ですので、お近くで紅茶に興味のある方はぜひどうぞ。
詳しくはこちらで。
http://www.ctb.ne.jp/~onetwoj/indexevent.htm

という訳で、しのちゃん頑張ってくださいね。
写真の方は、新宿御苑で3月から4月に撮ったものです。

kannzakura-1004-470.jpg
カンザクラ(寒桜)が満開な頃、メジロが花の蜜を食べに沢山来ていました。
メジロにとっては食べきれないほどのご馳走ですね、でも1つ1つの花の蜜はちょびっとなのかな(^^)
他の木ではヒヨドリも来ていました。

hanamomo-1004-370.jpg
こちらはハナモモ(花桃)の品種、源平です。
1本で紅白に咲き分ける面白い木です。
観賞用なので実は小さくて食べられません、残念ですね(^^)

seribahiensou-1004-370.jpg
タチツボスミレに似た花が沢山咲いてると思ったら、セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)でした。
葉が芹に似ていて、花の形が燕が飛んでるようなので芹葉飛燕草です。
なおスミレ科ではなくキンポウゲ科です。

rashoumonkazura-1004-470.jpg
こちらはラショウモンカズラ(羅生門葛)
平安時代に羅生門で渡辺綱が退治した鬼女の、切り落とされた腕になぞらえた名前だそうです。
花の先の尖がった爪みたいなのが面白いですね。

yamabuki-1004-370.jpg
最後は、山吹色のヤマブキ(山吹)
英語名は Japanese rose だそうです。
バラ科の植物だったんですね(^_^;)

次回予告:小石川植物園のハランとキンギンソウ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。