岩鏡ダマシとコタヌキラン

  • カテゴリ:
  • コメント:24件
  • トラックバック:0件
今回は、うちのベランダで咲いた花、特に山野草の写真です。
植物園に行くたびに中のショップで買ってしまって、ベランダいっぱいになってしまいました(^_^;)
やっぱりなかなか撮影できない花が多いのです。

iwakagamidamashi-1001-470.jpg
まずはお題のイワカガミダマシ(岩鏡騙し)
ヨーロッパの高山などに生える、サクラソウ科の可愛い花です。
葉っぱも丸くてとても可愛いです。
ちなみにイワカガミ(岩鏡)はイワウメ科の高山植物です。

kotanukiran-1001-370.jpg
そして、コタヌキラン(小狸蘭)
花というより、名前に負けて買ってしまいました(^_^;)
タヌキランというのもあるのですが、見るからに花穂が狸の尻尾そっくりですね。
カヤツリグサ科で、小さいときはツクシみたいでこの頃も可愛いです。
ただ半端じゃなく、煙のように花粉が飛びます(^_^;)

okinagusa-1001-470.jpg
去年買ったオキナグサ(翁草)は、今年も咲いてくれました。
花が終わると上を向いて翁の白髪になります。

tatutasou-1001-370.jpg
これは城山カタクリの里で買ってきた、タツタソウ(竜田草)です。
日露戦争のとき、軍艦「竜田」の乗組員が持ち帰ったのが名前の由来だそうです。
青紫と緑の取り合わせがとてもお気に入りです(^^)
ただ花は2~3日で散ってしまいます。

sentoporia-1001-470.jpg
最後はセントポーリア
イワタバコ科でアフリカ生まれです。
沢山の園芸品種があって、一年中咲く室内向けの花みたいです。
うちでもずっと部屋の中に置いてますが、2回目の花が沢山咲きました。

次回予告:新宿御苑のハナモモとセリバヒエンソウ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。