城山カタクリの里にて

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件
今年知ったのですが、神奈川県の相模原市に”城山カタクリの里”という素晴らしい場所がありました。
結構広い敷地の斜面一面に、カタクリをはじめとしてミスミソウやショウジョウバカマ、アズマイチゲなどが咲いていて、誠にワンダフル!な場所でした。

katakuri-1003-470b.jpg
手前にミスミソウ、奥にカタクリ(片栗)というここならではの贅沢なショットが撮れました。
この日は良い天気でぽかぽかだったので、花もほどよく開いています。

shirobanakatakuri-1003-370.jpg
こちらはシロバナカタクリ(白花片栗)
どうも突然変異の種みたいですが、とても清楚な感じがしますね。

misumisou-1003-470.jpg
園芸的には雪割り草と呼ばれるミスミソウですが、スハマソウという呼び名もあって、この区別がどうもよく分かりません(^_^;)
花びらに見えるのはガクで、6~9枚あるそうです。
色も多種多様で面白いです。

kibanasetsubunsou-1003-370.jpg
こちらはキバナセツブンソウ(黄花節分草)
別名ヨウシュセツブンソウで、ヨーロッパから来たセツブンソウです。

azumaitige-1001-470.jpg
前回の裏高尾ではまだ蕾みだった、アズマイチゲ(東一華)です。
花が開く前は、葉っぱも細く丸まって葉巻みたいになってます。

shoujoubakama-1003-370.jpg
ラストは、片栗の次に沢山咲いていた、ショウジョウバカマ(猩々袴)
猩々というのは中国の伝説上の生き物で、オラウータンのように赤いのと、葉っぱの重なりが袴のようなのでこの名前になったとか。
今回は沢山付く花の内の一つをクローズアップしてみました。

次回予告:岩鏡ダマシとコタヌキラン
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。