高尾山のネコノメ3兄弟

  • カテゴリ:
  • コメント:12件
  • トラックバック:0件
今回は、念願のハナネコノメを撮りに裏高尾に行った時の写真です。
当日は臨時バスも出ていて、迷う事無く自生地の沢にたどり着きました。
街ではよく迷うんですけどね(^_^;)

hananekonome-1003-470.jpg
沢に降りると、もう3~4人の方が撮っておられたので、咲いている場所はすぐ分かりました。
これがハナネコノメソウ(花猫の目草)です。
とても小さい花ですが、赤い雄しべが激可愛いですよね。
岩一面に群生している所もあって、ちょうど良い時期に来れたようです。
白い花びらにような部分はガクで、この後緑色に変わります。

nekonomesou-1003-470.jpg
こちらはちょっと地味ですが、ヤマネコノメソウ(山猫の目草)
ネコノメソウとよく似ていて迷ったのですが、葉っぱの形でヤマネコノメソウと分かりました。
雄しべの数が4本なのはネコノメソウなんですが、ヤマネコノメソウでも4つのタイプがあるそうです。

yogorenekonome-1003-370.jpg
3つ目の兄弟は、ヨゴレネコノメソウ(汚れ猫の目草)
葉っぱが褐色っぽいのでこんな名前にされてしまったのでしょうか、気の毒です。
でも逆に、葉っぱにグラデーションが付いてとても美しいです。

kocharumerusou-1003-470.jpg
ネコノメソウ以外では、コチャルメルソウ(小哨吶草)が咲いていました。
開いた果実の形が楽器のチャルメラに似ているのが名前の由来だそうです。
この植物もネコノメソウと同じユキノシタ科です。

yuriwasabi-1003-470.jpg
それから、ユリワサビ(百合山葵)
十文字の花が可愛いです。
百合に似た根茎が付きます。
ここでは他にはアズマイチゲがありましたが、まだ開いていませんでした。
咲いた花は次回の記事でお見せできます。

次回予告:城山カタクリの里にて
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。