早春の花特集

  • カテゴリ:
  • コメント:23件
  • トラックバック:0件
またまた更新ができずに、気がつけばもう3月になってしまいました。
今回は早春の花特集なのですが、もう春は本番っぽいですね(^_^;)

kikuzakiichige-1001-470.jpg
まずは、キクザキイチゲ(菊咲一華)です。
キンポウゲ科イチリンソウ属で、旬の花時計に入っているユキワリイチゲにそっくりですが、葉っぱの形が菊に似ています。
5月頃には消えてしまう、スプリング・エフェメラルの一つです。

setsubunsou-1001-370.jpg
同じくスプリング・エフェメラルのセツブンソウ(節分草)
節分の頃に咲き始めるので節分草です。
海外から来た園芸新種にキバナセツブンソウというのもあります。

kumomagusa-1001-370.jpg
今度は鉢物なんですが、2月になると花屋さんに並ぶ、西洋クモマグサ(西洋雲間草)です。
日本に自生するものとは大分違うようです。
細かく枝分かれしてこんもりした葉の上に、小さな花がちょこんと乗ってとても可愛いです。
ただ家の鉢は日当たりが悪いせいか、今では花茎がひょろひょろ伸びてしまいました(^_^;)

kanaoi-1001-470.jpg
こちらは馬の鈴草科カンアオイ属のカンアオイ(寒葵)
根元にごろっと転がった花が面白いです。
なお食虫植物ではありません(^^)

chasenbai-1001-370.jpg
バラ科の低木、チャセンバイ(茶筅梅)です。
花びらは退化してしまって無く、雌しべがお茶をたてるときに使う茶筅に似ているので茶筅梅とか。

shimobashira-1001-370.jpg
最後は花ではないのですが、シモバシラ(霜柱)という名の植物に付いた霜柱です(^_^;)
この植物は水を吸い上げる力が強くて、夜中に茎から染み出した水が凍ってこんな風になるのですね。
花はテンニンソウに似ています。

次回予告:ミッキーの花とアンテナータム
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。