サフランとカカオの花

  • カテゴリ:
  • コメント:28件
  • トラックバック:0件
今年もあっという間に師走になってしまいました。
皆さんも色々お忙しいと思いますが、インフルエンザや風邪にはお気をつけください。
今回はまた何の脈絡も無いのですが、何となく食に関係した花や実を集めてみました。

kakao-470.jpg
最初は、カカオの花です。
太い幹から髭のように小さい花が付いています、面白いですね。
チョコレートの原料のカカオは、マヤ文明からコロンブスが持ち帰ったそうです。


amameshiba-370.jpg
お次の、団子3兄弟みたいなのは、アマメシバ(天芽芝)の実です。
一時期ダイエット食品として売られていたようですが、健康被害があったようですね。
団子、ましゅまろ、あんまん・・・こういう白くて丸い物は、みんな美味しそう見える私は変でしょうか?(^^)

ichigonoki-470.jpg
こちらは昨日撮影したばかりの、イチゴノキ(苺の木)です。
ツツジ科なので、花はドウダンツツジそっくりですね。
実は食用にできて、ジャムにされることが多いとか。

aserora-470.jpg
これは去年撮ったのですが、アセロラの花です。
ビタミンCたっぷりの実は、ジュースでお馴染みですね。

safuran-370.jpg
お題のサフランの花です。
水に溶かすと鮮やかな黄色になるそうで、インド料理のサフランライスはこれからできていたんですね。


inusafuran-470.jpg
こちらはイヌサフラン
名前はサフランが付いていて花も似てますが、サフランはアヤメ科、イヌサフランはユリ科で全く別の植物です。
園芸品種はコルチカムといって、土に植えなくても花が咲くそうですね。

次回予告:山茶花と寒椿
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。