大文字草とアゲラタム

  • カテゴリ:
  • コメント:21件
  • トラックバック:0件
また更新が遅れてしまいましたが、皆さん風邪などひかれてないでしょうか(^_^;)
今回は特にテーマは無く、10月から11月にかけて撮った、今まで日の目をみなかった花の写真です。

daimonjisou-470.jpg
このダイモンジソウ(大文字草)は、近くの花屋で買った鉢物です。
いかにも大の字な形で、風情がありますね。
バラエティ豊かに品種があるみたいですが、これは”白鳥の舞”という名札が付いてました。

koushunkazura-470.jpg
花の形が大文字草にちょっと似たこれは、コウシュンカズラ(恒春葛)といいます。
東京ではあまり見かけませんが、沖縄の方では生垣にも使われるポピュラーな植物だそうです。

akabanatsuyukusa-470.jpg
この花、なんとなくツユクサに似てると思った方は鋭いです(^^)
雨上がりでちょっと変な丸模様が付いてますが、アカバナツユクサ(赤花露草)といいます。
ピンクな紫と黄色の取り合わせが綺麗ですね。

gaura-470.jpg
こちらはガウラ、別名:ハクチョウソウですね。
5月から10月頃までとても長く咲いています。

ageratamu-470.jpg
最後になりましたが、アゲラタム、別名:カッコウアザミ(郭公薊)です。
この郭公とは鳥ではなく、葉がサクラソウ科のカッコウソウという花のそれに似ているからです。
これも春から初冬まで長く咲く花です。

今の時期はまとまって写真が撮れないので、暫くはこんな感じの取り留めの無い記事になると思いますが、よろしくお願いします(^_^;)

次回予告:蘭の花特集
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。