高い所に咲いててなかなか撮れない花特集

  • カテゴリ:
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件
季節の変わり目で、暑くなったり寒くなったりしてますね。
皆様お体にお気をつけください。
さて今回は、高い所に咲いていてなかなかうまく撮れない木の花の特集です。

hankachinoki-470.jpg
まずは、ハンカチノキです。
もう下に沢山の白いハンカチが落ちていました。
触ってみると、本当にハンカチのように、いやハンカチよりも柔らかく、しっとりしていて驚きました。

hanamizuki-400.jpg
こちらはおなじみのハナミズキ(花水木)です。
水木というのは、樹液の上昇力が強くて枝を切ると水がしたたるからだそうです。
花を丸く囲い込む総苞片が面白いですよね。

hoonoki-470.jpg
お次はホオノキ(朴の木)です。
葉っぱも大きいですが花も大きいです。
この大きな葉に食べ物を盛ったことから、ホウ(包)の意味でホオノキだとか。
さてここまでの3つの花は、なんとか撮影できる高さにありましたし、花の数もそれなりに多いのでカシャカシャ撮れましたか・・・・

tochinoki-400.jpg
このトチノキ(栃の木)は本当に高い所にあって、この1枚を写すのがやっとでした。
栃木県の県の木なんですが、だから栃の木?
なお花の赤い紅花栃の木は楽に撮影できました(^^;)

kiri-470.jpg
そして最後は、落ちている花を撮影とあいなりました(^^;)
これはキリ(桐)の花です。
高級タンスの材料ですね。
かなり上の方にそれっぽいものが見えたのですが、とても撮影できませんでした。
どうせ置いて撮るなら、置き方をもっと工夫するべきでした、ごめんなさい(^^;)

次回予告:京王アンジェのマグノリアたち
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。