小石川植物園の仲良しバイモ

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件
今回は、東京の小石川植物園にて3月末に撮影した花たちです。
まだ全然追いついてないですね(^^;)

baimo-470.jpg
まずはお題のバイモ、別名:編笠百合ですが、なぜ仲良しなのかというと・・・葉っぱ?の先が絡み合ってます、まるで手を繋いでるようじゃないですか(^^)
ただ撮っている時は気がつきませんでした。
バイモは漢字だと貝母で、球根が貝に似ているからだそうです。

nirinsou-400.jpg
こちらはニリンソウ(二輪草)、カタクリと同じスプリング・エフェメラルです。
良く似たイチリンソウより花が一回り小さい感じです。
なおサンリンソウというのもあるみたいですが、まだお目にかかったことがありません(^^;)

himarayayukinosita-470.jpg
こちらはヒマラヤユキノシタ(ヒマラヤ雪ノ下)
寒さに強くて、2月頃から咲いていますね。

harienisida-470.jpg
この触ると痛そーな葉っぱの花は、ハリエニシダ(針金雀枝)です。
地中海沿岸原産のマメ科の植物です。

hachikokibisi-400.jpg
最後は、ハチジョウキブシ(八丈木五倍子)です。
この木を見たときは、その全体的な美しさに感動しました。
しかし全体を写真に撮ると、その美しさが表現できないのです。
単に腕が悪いのですが、やっぱり人の目とカメラのレンズは大分違うなと改めて思いました。

次回予告:高い所に咲いててなかなか撮れない花特集(^^;)
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。