ママコノシリヌグイの恐怖

  • カテゴリ:
  • コメント:24件
  • トラックバック:0件
すっかり梅雨の真っ最中になりました。
今年は天候不順の影響で紫陽花や花菖蒲の開花が遅れ気味なようですね。

mamako-1004-470.jpg
ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)は、タデ科イヌタデ属の1年草です。
やや湿り気のある場所が好みです。

mamako-1001-470.jpg
ピンクの可愛い花ですね、下の方は白くなってます。

mamako-1002-470.jpg
別名、トゲ蕎麦と言われるように、茎や葉っぱの裏に下向きのトゲが沢山あります。
葉っぱの裏の写真が無くて残念です。

mamako-1003-470.jpg
触ったら痛そうなトゲですね。
ママコノシリヌグイという名前は、この葉っぱで継子のおしりを拭く、継母のいじめに例えたものです。
ひどい名前ですね。
このトゲは他の植物にからみやすいようについてるだけなのに、気の毒です(^_^;)

さてここまでは大した恐怖ではないですが、次の植物のトゲは半端じゃないです、マジ怖いです。
それでも見たい怖いもの知らずの方は追記をご覧ください(^_^;)
スポンサーサイト

笑うユキノシタ

  • カテゴリ:
  • コメント:24件
  • トラックバック:0件
もう全国的に入梅ですね。
今回のタイトルはちょっと妖しいですが、ちゃんとした?現実的な記事ですのでご安心ください(^^)

yukinosita-1006-2-470.jpg
ユキノシタ(雪の下)はユキノシタ科ユキノシタ属の常緑草です。
沢山付く白い花を雪にみたてて、その下に緑の葉がある、というのが和名の由来の有力みたいです。
他にも”雪の舌”というのもあるとか(^_^;)

yukinosita-1006-1-370.jpg
さて本題ですが、この写真をクリックして100%表示にして見てください。
上の大きい花の上部に3つの顔が見えませんか?
左のは無理ですけど他の2つは笑ってるように見えますよね?
雄しべが手にも見えますよね・・・・って私だけだったらどうしよう(^_^;)
下の花にも1体元気なのがいますね(^^)

yukinosita-1006-3-470.jpg
こっちの株の花は微妙なんですが、ちょっとご機嫌ななめみたいです。
”なに勝手に撮ってるか~”って感じです(^.^)

yukinosita-1006-4-470.jpg
こっちはもう完璧に激怒してますね、目まで赤くなってますし(^_^;)
私は何もしてませんから、きっと兄弟喧嘩なんでしょう(^^)
というわけで、他愛も無い記事にお付き合いいただいてありがとうございました<(_ _)>

次回の花:ママコノシリヌグイの恐怖

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

ヤグルマソウ (ユキノシタ科)

  • カテゴリ:
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件
もうすぐ入梅ですね、晴れた日が貴重に感じる今日この頃です。
今回からは、一つの花に絞って記事にしようと思います。
しょっぱなは、なぜかヤグルマソウになりました。

yagurumasou-1002-470.jpg
ヤグルマソウ(矢車草)は、ユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草です。
5枚からなる葉っぱの感じが、鯉のぼりの一番上に付いている矢車に似ているので矢車草になりました。
この写真のように赤っぽい葉もあるようです。

yagurumasou-1001-370.jpg
今年初めて撮れた花の写真です。
ちょっと盆栽みたいな感じがします。

yagurumasou-1003-470.jpg
一つ一つの花はユキノシタというよりベンケイソウみたいですね。

次回の花:笑うユキノシタ (怪奇ものではありません(^^))
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

エビネ園のサルメンエビネ

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件
町田市にある、えびね園では、4月22日から5月9日まで約3万株のエビネが観賞できました。
去年も行ったのですが、サルメンエビネを撮り逃しまして、今年は忘れずに撮って参りました。

sarumenabine-470.jpg
サルメンエビネ(猿面海老根)はその名のとおり、花がサルの赤い顔に似ているわけなんですが、なるほど何となくうなずけます(^^)
環境省の絶滅危惧II類に指定されている貴重な花です。
今回は、えびね園での写真はなぜかこれだけなのです(^_^;)

tachiinunofuguri-370.jpg
こちらはタチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)
ゴマノハグサ科クワガタソウ属の雑草で、ヨーロッパからの帰化植物です。
オオイヌノフグリよりさらに小さい花で、またさらに数時間しか開いていないのでほとんど目立ちません。

kijimushiro-470.jpg
猿、犬ときたら、やっぱりキジでしょう・・・という訳で、キジムシロ(雉筵)です(^_^;)
葉っぱが放射状に展開して、キジが休むムシロのようなのでキジムシロです。
この株はそれがとても分かりやすいですね。

sumomo-370.jpg
猿、犬、雉とくれば、これっきゃないですね、桃太郎のスモモ(李 )です(^_^;)
中国原産で英語ではプラムですね。
関係ないですが、私はスモモが大好物です(^_^;)

onishibari-470.jpg
さて全員揃ったところで鬼が島でオニシバリ(鬼縛り)です(^_^;)
ジンチョウゲ科で、別名ナツボウズとも言います。
緑の花が珍しいですね。
黄色い花はナニワズというようです。
さて次回からは一つの花に絞って記事にしようかと思います。
その分更新頻度を上げられればいいんですけどね(^_^;)

次回の花:ヤグルマソウ

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。