大船フラワーセンターのタバコ草

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:21件
  • トラックバック:0件
またもや更新が遅れまてしまいましたが、今回は神奈川県大船市の大船フラワーセンターの花の写真です。

mahonia1001-470.jpg
訪れたのは1月中旬で、まだ外では咲いている花があまり無い時でした。
そんな中で明るく咲いていたのは、マホニア・アーサーメンゼスです。
日本のヒイラギナンテンと中国産のマホニアの交雑種だそうです。
黄色い花がたわわに付いてとても豪華です。

aisurandopopi1001-470.jpg
こちらはお花畑でお馴染みの、ケシ科のアイスランドポピー
別名シベリアヒナゲシとも言います。
ここではまだそれほど沢山ではなかったのですが、黄色や白、オレンジ色の花の群生はとても綺麗ですね。

pasifurora1001-370.jpg
ここからは温室の花、それもちょっと珍しい花に対面できました。
これはスミレ科の、ヒバンサス・コムニスです。
モモンガが飛んでる時みたいに見えませんか?変わった形ですよね。
スミレ科といっても草ではなく小木です。

tabakosou1001-470.jpg
さてこちらがお題のタバコソウです。
別名:クフェア・イグネア、ミソハギ科で、本来は5月から10月に咲くのですが、温室だと花期が長いみたいですね。
赤いガクの部分がタバコのようなのでタバコソウと言うみたいです。

chineseHat1001-470.jpg
最後は、クマツヅラ科のチャイニーズハット
オレンジ色のガクの形が、皿のような帽子のような形なのでチャイニーズハットだとか。
どの辺がチャイニーズなのかは、今一つなのですが(^^)
ちなみに私にはポテトチップスに見えます(^_^;)

次回予告:早春の花特集
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。