蘭の花特集

  • カテゴリ:
  • コメント:26件
  • トラックバック:0件
前の更新が遅れたので、あっという間に次の記事を書いている気がします(^_^;)
今回は、今まで蘭の花はあまり出してなかったと気づきまして、特集とあいなりました。

kochouran0901-470.jpg
蘭といえば、やっぱりコチョウラン(胡蝶蘭)でしょうか。
ラン科コチョウラン属の着生ランの一種です。
花屋さんの鉢物は凄い値段で売られてますが、今回の写真は自生に近い状態のものです。
さいたま市の園芸植物園で撮影しました。

rikasute0901-370b.jpg
森の妖精と呼ばれる、リカステです。
原生地は中南米の高地または低地で、名前はギリシャ神話に出てくるトロイア王の娘”リカステ”からきているそうです。
川口市のグリーンセンターにて。

shusuran0901-370.jpg
こちらは、ホンコンシュスラン(香港繻子蘭)
白い花が可憐ですね、葉っぱは暗緑色で表面はビロード状になっています。
日本に自生するシュスランと同じ名前で売られていることがあるそうです。
多摩市のグリーンライブセンターにて。

onshijiumu0901-470.jpg
こちらはお馴染みの、オンシジウムですね。
別名は、スズメランだそうですが、どうしてスズメなんでしょうね(^_^;)
1つの花をよく見ると、とても面白い形をしていますね。
板橋区の熱帯植物館にて撮影。

spierOkid0901-370.jpg
さらにユニークな形のこの花は、スパイダー・オーキッド、別名:蜘蛛蘭です。
見るからに名前どうりな姿ですが、オーストラリアに多の種類が自生しています。
こちらも川口市グリーンセンターでの撮影です。
今回は季節は全く無視してしまいました、すいません(^_^;)

次回予告:サフランとカカオの花
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

大文字草とアゲラタム

  • カテゴリ:
  • コメント:21件
  • トラックバック:0件
また更新が遅れてしまいましたが、皆さん風邪などひかれてないでしょうか(^_^;)
今回は特にテーマは無く、10月から11月にかけて撮った、今まで日の目をみなかった花の写真です。

daimonjisou-470.jpg
このダイモンジソウ(大文字草)は、近くの花屋で買った鉢物です。
いかにも大の字な形で、風情がありますね。
バラエティ豊かに品種があるみたいですが、これは”白鳥の舞”という名札が付いてました。

koushunkazura-470.jpg
花の形が大文字草にちょっと似たこれは、コウシュンカズラ(恒春葛)といいます。
東京ではあまり見かけませんが、沖縄の方では生垣にも使われるポピュラーな植物だそうです。

akabanatsuyukusa-470.jpg
この花、なんとなくツユクサに似てると思った方は鋭いです(^^)
雨上がりでちょっと変な丸模様が付いてますが、アカバナツユクサ(赤花露草)といいます。
ピンクな紫と黄色の取り合わせが綺麗ですね。

gaura-470.jpg
こちらはガウラ、別名:ハクチョウソウですね。
5月から10月頃までとても長く咲いています。

ageratamu-470.jpg
最後になりましたが、アゲラタム、別名:カッコウアザミ(郭公薊)です。
この郭公とは鳥ではなく、葉がサクラソウ科のカッコウソウという花のそれに似ているからです。
これも春から初冬まで長く咲く花です。

今の時期はまとまって写真が撮れないので、暫くはこんな感じの取り留めの無い記事になると思いますが、よろしくお願いします(^_^;)

次回予告:蘭の花特集
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

秋のキク科特集

  • カテゴリ:
  • コメント:26件
  • トラックバック:0件
菊といえば、秋の花の代表でしょうか、コスモスもキク科ですよね。
本当に沢山の種類のあるキク科の花ですが、今回は雑草も交えてお送りします。

iegiku-470.jpg
まずはやっぱり菊といえばこの豪華な花。
正確にはイエギクという種類のようですが、これはその中の大菊です。
新宿御苑で開かれていた菊花壇展にて撮影しました。

orandaennichi-370.jpg
こちらは逆に小さい花、薬用植物園で咲いていた、オランダセンニチ(阿蘭陀千日)
別名:エッグボールとも言いますが、まさにそんな形ですね。
花や葉に辛味があって、香辛料として食されます。

shion-470.jpg
薄紫の、シオン(紫苑)です。
育つと2m位にもなる高い花です。
春に咲く似た花にハルジオンというのがありますね。

ryourigiku1-370.jpg
こちらはリョウリギク(料理菊)
花びらを食用として栽培されています。
子供の頃、刺身についていた菊の花を好奇心で食べたことがありますが、凄く苦かったです(^_^;)
リョウリギクはその点あまり苦くないそうです。
ここまで薬用植物園で撮影しました。

gankubisou-470.jpg
さて今度は地味な雑草の花になりました、ヤブタバコ(藪煙草)といいます。
下の方の葉がタバコの葉に似ていることからついた名前です。
そっくりな花にガンクビソウというのがあります。

kaoriazami-370
最後は、カオリアザミ(香り薊)、桃色花火という品種です。
香りというからにはよい香りがするはずですが、また確認するのを忘れました(^_^;)

次回予告:大文字草とアゲラタム
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

秋の温室の花特集

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:20件
  • トラックバック:0件
皆さんお元気ですか?
先週は多忙のため更新ができませんでしたが、それとは関係なく季節はどんどん移ろいでいきますね。
置いていかれないように頑張ります。
さて今回は、あまり季節感がなさそうでありそうな、温室の花の特集です。

ougochou-470.jpg
これは、夢の島熱帯植物館で撮りました、オウゴチョウ(黄胡蝶)
マメ科の植物で、沖縄の3大名花の一つだそうです。

sangobana-370.jpg
こちらはサンゴバナ(珊瑚花)
別名:フラミンゴプランツといいますが、なるほどピンク色がそんな感じですね。

shikushin-470.jpg
お次の花の名前は、シクンシ(使君子)
咲き始めは白い花で、徐々に赤くなります。

thikorisandora-370.jpg
ツユクサ科の、ディコリサンドラ・ティルシフロラ
ちょっと紫がかった青がとても綺麗です。
別名:ブルー・ジンジャーともいうようです。

esukinansasu-470.jpg
最後は目にも鮮やかな、エスキナンサス・スペキオススです。
エスキナンサスとは、ギリシア語で「恥ずかしい花」という意味だそうで、赤面しているようだからだそうです(^^)

次回予告:キク科の花特集
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。