ベランダの花 シコンノボタンとマツモトセンノウ

  • カテゴリ:
  • コメント:22件
  • トラックバック:0件
去年の秋に買った50センチほどのシコンノボタンの鉢植えが、今私の背丈ほどの大きさになって、毎日沢山の花を咲かせてくれています。
何かとても励まされているような気がして、ありがたく思っています。
そこで今回は、自宅のベランダで咲いている花と、その親類の花の特集です。

shikonnobotan-1-470.jpg

壁紙 1024x768  1280x1024  1680x1050

まずはシコンノボタン(紫紺野牡丹)
ブラジル原産のノボタン科の花で、名前どおりの紫色の花弁と、ビロードのような葉がとても美しいです。
雄しべが蜘蛛の足のようなので、英名はブラジリアン・スパイダー・フラワーです。
花は一日花で、早朝に開いて夕方には散ってしまいます。


medhinira-470.jpg

同じノボタン科の花の、メディニラ・スペキオサ、川口グリーンセンターで写したものです。
花はとても小さいですが、雄しべの形がやっぱりスパイダーですね(^^)
日本名はサンゴノボタンでした。

matsumotoSennou-370.jpg

ベランダに戻りまして、これはマツモトセンノウ(松本仙翁)です。
以前から図鑑で見て撮りたいと思っていたのですがなかなか出会えなくて、ついに神代植物園のショップで買ってしまいました(^^;)
なぜ”マツモト”なのかは諸説あるみたいで、私の持っている図鑑では、中国、朝鮮半島から渡来したときに広めたのが信濃国松本だったから、だそうです。

sennou-370.jpg

その親戚、小石川植物園で写した、センノウ(仙翁)です。
仙翁は、京都嵯峨にあった”仙翁寺”からきているとか。

ekizakamu-470.jpg

最後にもう一つ、これはエキザカムという花で、近くの花屋で買いました。
別名:ベニヒメリンドウ(紅姫竜胆)、こじんまりとこんもりした感じが鉢にぴったりです。
やっぱり紫色は落ち着きがあっていいですね(^^)

次回予告:木場公園のルコウソウ

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
スポンサーサイト

昭和記念公園のサギソウまつり

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:20件
  • トラックバック:0件
毎年8月1日から31日まで、昭和記念公園ではサギソウまつりが行われます。
祭りといっても神輿がでるわけではないですが、6万球のサギソウが園内に舞い飛びます。

sagisou2-470.jpg
白鷺が翼を広げたような形がユニークですね。
ラン科のミズトンボ属で、ミズトンボも珍しい植物です。

sagisou1-470.jpg
まつりの期間は、カメラマンのために鉢植えを貸してくれます。
自分で好きな背景の前に置いて撮影できる訳ですね。

misohagi-470.jpg
池のほとりに群生していた、ミソハギ(禊萩)です。
「みそはぎ」は「みそぎはぎ」を略したもので、清めの儀式にこの枝が使われるそうです。

himawari-sera-470.jpg
ヒマワリ(向日葵)も沢山の種類が植えられていました。
これは”セーラームーン”という品種で、他にも”チョコフレーク”、”レモンエクレア”、”ココア”、”テディーベア”とかもう何でもありな感じでした(^^;)

natsuzuisen-470.jpg
最後は、ナツズイセン(夏水仙)
春に水仙に似た葉をつけますが、夏には花だけになります。
花はユリみたいですが、ヒガンバナ科です。

次回予告:シコンノボタンとマツモトセンノウ

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

新宿御苑のナンバンギセル

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:16件
  • トラックバック:0件
2009年7月末日、なにげなく見た新宿御苑のブログに、ナンバンギセルが咲いているとの記事が!
この花、図鑑で見てぜひ撮りたいと思っていたので、早速カメラを担いで新宿御苑へ。しかしこんなに近くで咲いていたとは意外でした。

nanbangiseru-470.jpg
その姿が、南蛮人がタバコを吸うのに使ったパイプ(キセル)に似ているのでナンバンギセル(南蛮煙管)になりました。
室町時代までは、”思い草”という名前だったそうです。こっちの方が良かったり?

nanbangiseru2-470.jpg
ススキやミョウガ、サトウキビの根に寄生する植物なので、葉緑素を持つ葉っぱはありませんが、根元にうろこ状の葉があるそうです。

feijoa-400.jpg
ここからは、同じ御苑でこの夏に撮った花をいくつか。
6月まで戻りますが、これはフェイジョア。花びらが鳥にとってはご馳走だとか。
果実をジャムや果実酒にします。

niwananakamado-470.jpg
こちらは、ニワナナカマド(庭七竈)
この白い花が枝いっぱいに付くと、見ごたえがあります。

nanten-400.jpg
こちらはナンテン(南天)の花。
昔中国から魔よけや薬用のために持ち込まれたそうです。
赤い実が灯火のようなので、中国では南天燭と言われていました。

sarusuberi-mizu-470.jpg
最後はちょっと実験的な写真なんですが、池に写ったサルスベリ(百日紅)です。
やっぱりよく分からない写真ですね(^^;)

次回予告:昭和記念公園のサギソウまつり

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

渋谷ふれあい植物センターのウシノシタ

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:20件
  • トラックバック:0件
渋谷にあるふれあい植物センター、今回2度目の記事になります。
温室の入り口を入ると、こんな植物が出迎えてくれました。

nepentesu-470.jpg
もう見るからにウツボカズラですね。たわわに壷が成ってます(^^)
ウツボカズラ科の、ネペンテス・ジェントルです。
でもこれって、捕虫袋であって、花ではないのですよね?(^^;)
調べてみましたら、エビネみたいな花が付くようです。

iraniran-470.jpg
こちらはイランイランノキ
花から取れる油は高級香水の原料になります。

ushinoshita1-350.jpg
さてこれが今回のお題、ウシノシタ(牛の舌)の花です。別名:ストレプトカーパス。
イワタバコ科ですが、牛の舌なのは花ではなく・・・

ushinoshita2-470.jpg
1枚しかない、この巨大な葉っぱでした(^^;)
ちなみに手前にあるオレンジ色の物体は、世界最大の花と言われる、ラフレシアの模型です(^^;)

oregano-kento-470.jpg
3階にあるハーブのコーナーで見つけた花、オレガノ・ケントビューティー
ハナハッカの観賞用園芸品種です。

sanpachensu-470.jpg
最後は、外の花壇に咲いていた、サンパチェンス
サカタのタネで開発された花で、二酸化窒素の吸収能力がかなり高いそうです。

追記にラフレシアの模型の全体写真を載せました。

次回予告:新宿御苑のナンバンギセル
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

夏の高尾山野草園

  • カテゴリ:植物園
  • コメント:18件
  • トラックバック:0件
夏真っ盛りですね。
カメラを構えてじっとしてるだけで汗びっしょりになってしまいます(^^;)
今回は、そんな夏の高尾山野草園の花たちですが、やっぱり登りはケーブルカーなのでした(^^;)

0908-sobana-470.jpg
夏の野に涼しげな薄紫、ソバナ(岨菜)の花です。
菜の字が付いてますから、若芽を食します。
つぼみの形も可愛いですね。

0908-isehanabi-470.jpg
こちらはちょっと赤っぽい薄紫、イセハナビ(伊勢花火)です。
中国原産ということですが、なぜ伊勢花火なのかは、分かりませんでした。

これは庭木でおなじみのシモツケ(下野)みたいですが、そうではなく、シモツケソウ(下野草)といいます。別名:クサシモツケ。

0908-mimigata-470.jpg
さて突如現れたこの異様な物体は何でしょう?
はい、以前テンナンショウ属の記事でとりあげた、ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)の実です。
 ミミガタテンナンショウの花はこちらから
最初は緑色の実がびっしりついていて、それが上から赤く変わるようです。
この写真では取れてしまってますが(^^;)

0908-asagimadara-470.jpg
やっぱり山の中ですね、街では見かけない蝶がいました。
アサギマダラという蝶だと思います。かなり長距離を移動するそうです。
さて帰り道は、ちゃんと前と違うコースを歩いて下りました(^^;)
でも花は全然見つけられなくて残念でした。

次回予告:渋谷のウシノシタ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。